後付けソーラー

 今、既存の家に弊社のソーラーシステム(そよかぜ)を後付けで工事が進められています。 先日、南屋根面を集熱面にする大工工事が完了し、昨日は小屋裏の配線とダクト工事、パワーユニットや制御盤の取り付けをいたしました。 電源を入れると棟温度、外気温、室温がそれぞれ費用時され配線の手違いが無いことを確認し、結束しました。  こちらのお宅は、5年前に新築し将来ソーラーシステムを入れたいというご希望で、今回は、あきる野商工会リフォーム補助金制度を利用して取り付けることになりました。
c0074407_8122256.jpg

このシステムは、ホームページのように太陽熱を利用し、冬は床暖房、春から秋はお湯採り、また夏の深夜は冷気を取り入れます。 循環モードにより小屋裏の温度と1階の温度の均一化が可能です。 今、太陽光発電が叫ばれていますが、家庭で必要なエネルギーの60%以上は熱的な用途に使用されています。 効率のいい自然エネルギーを是非お勧めいたします。
帰り際に奥さんより「すっきりした本体なので小屋裏が狭くならなくて良かったです。5年待ってよかった!」と話されていました。 ちなみに今回の工事費は、太陽光発電の2kw程度の工事費です。
[PR]
by ecobuild_info | 2009-10-17 08:25 | 現場 | Comments(0)

管理:株式会社エコビルド