ソーラーの取り付け

 新築現場でソーラー部材の取り付けを行いました。 屋根パネル方式の小屋裏は広々、しかも勾配天井面は、12mmの桧合板です。 屋根面の下地野地も桧の合板12mmを使いました。 屋根裏に金属の箱が見えますが、排気、取り入れチャンバーです。 中に蓋が自動的に作動し夏の暑さは排気、ふゆの暖かさは取り入れをしてくれます。 もう一つ、この小屋裏が非常に涼しいのです。 南面には、断熱材が二重になっていて
集熱した熱は野地面に伝わりにくく、室温も外部の影響をほとんど受けません。 36℃の気温でも小屋裏にいる事が可能でしたる
c0074407_19371323.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2010-08-26 19:37 | 現場 | Comments(0)