ベランダ

 新築工事のベランダの下地材です。 関東ではほとんど流通していない桧合板12mmを二枚重ねて床を施工しました。  桧合板を実験的に雨にさらしておいても強く 変形や腐りに強いことが分かっています。 桧の持つ油分が水を弾き出しているように思えます。  早く多摩産材の桧や杉の合板ができると良いと思います。
c0074407_20202999.jpg

[PR]
Commented by pageonetantetsu at 2012-02-19 10:05
本当に雨にも強いのですか?私の工房には20mほどのテラスがあり、修理しながら20年使った栗のテラスがついにダメになり、予算がなく2X4材で作りました。次回は桧の合板でやってみます。
Commented by 寿 at 2012-02-19 13:30 x
コメントありがとうございます。 今回のベランダはFRPの下地として桧合板を使いました。 無垢材のベランダはかなり素材のの吟味と塗装のメンテナンスが不可欠と思います。 塗装材もUV自然塗料などがあるようです。  無垢材の小口は シリコン防水などで小口からの水分が吸い込みされない対策が木材の寿命を延ばすようです。 
by ecobuild_info | 2012-02-18 20:21 | 現場 | Comments(2)