ソーラーハウス

 ソーラーハウスの床下は太陽熱を床下に貯める為に工夫しています。  土台は、前回記載した桧ですが  「計画伐採した富士山の桧」  を 909mmピッチの枡格子に組み、金属の束、1本で3t以上支えます。
今回の支える束は、40本以上を使用。  外部に面する基礎は、すべて外気温の影響を緩和する為にスタイロホームで断熱しました。   季節的に冬の日射量は少ないのですが、立て込んでいる街中でも1階は、日が入りにくくても屋根に受ける日射を取り入れるととても快適な空間ができます。 床下地材は、28mm
合板です。 
c0074407_11112647.jpg
c0074407_11122438.jpg








 
[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-13 11:16 | 現場 | Comments(0)