集熱チャンバー

現在施工中の現場の屋根です。 T型の集熱チャンバーが施工され、南面の熱を建物に取り入れたり、排出したりするダクトとファンの外部です。 この方法ですと屋根上で工事がおこなわれること、また夏場のいらない熱も建物に入らず直接北面に逃がします。 屋根裏もスッキリ、利用度もさらに上がりました。 Tの右の部分にはお湯採りコイルも内臓され太陽熱によるお湯が採取されます。石油が高騰している中CO2削減するシステムです。
c0074407_14474280.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2006-09-03 14:51 | 現場 | Comments(0)