リフォーム

 リフォーム現場納める桧のフローリングを準備いたしました。 弊社オリジナルの桧のフローリングは、人工乾燥され、半年以上資材倉庫に置き、その上でフローリング加工いたします。
今回は、140枚ほど準備をしました。 1-2階の床ほとんどが桧、浴室の腰上も桧になる予定です。   先日の壁に断熱材が追加されました。
c0074407_21271180.jpg
c0074407_21271956.jpg

リサイクルのことを考えると、グラスウールは、お勧めです。 木部に吹き付ける発砲系は、高性能ですが、木部から剥がすことは難しいそうです。 古い断熱材は、基本的に処分しません。
[PR]
by ecobuild_info | 2008-04-04 21:31 | 現場 | Comments(0)


<< ソーラー体感ルーム リフォーム現場 >>