<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ソーラーの力

 着手させて頂いている現場は、住宅が建て込んでいてなかなか日射の条件も良くないようです。  しかし、ソーラーハウスこの現場では、屋根にしっかり日射を受けています。  なので1階はかなり暖かさに不安は有るかと思いますが、この太陽熱をソーラーシステムで取り入れさえすればかなり暖かな家になります。
 ソーラーハウスの利点は、今回のような条件の時にかなり活躍します
c0074407_2113358.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-28 21:01 | 現場 | Comments(0)

屋根

 上棟後の屋根組みです。  構造材垂木を受ける母屋はすべて国産の桧です。  今回国立オリンピックスタジアム構想が固まったようですが、鉄とコンクリートだけの今までのイメージが木質化したように感じました。
木は、古木より若木の方が二酸化炭素を吸うみたいです。  COOP21で決められた内容にも関係しているようにも思えました。  垂木は90mmの釘を一か所に2本打ち込んでいます。垂木先端の板広小舞も桧をしようしています。  雨にもかなり強い材質で、合板をそのまま先端まで施工したのを見受けしますが、適材とは言えないと思います。  
c0074407_19511967.jpg
  
[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-23 19:55 | 現場 | Comments(0)

上棟

 先日、上棟させて頂きました。  かなり敷地スペースに木材やクレーン車を設置するのにいろいろ検討して写真のような 電動式のクレーンをレンタルしました。 音が静かなことで近隣の家には、多少軽減できたかと思います。  大安吉日の天気の良い日でした。  お客様も基礎段階からの変化に驚かれているようでした。
c0074407_20401652.jpg
c0074407_20402812.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-18 20:41 | 現場 | Comments(0)

ソーラーハウス

 ソーラーハウスの床下は太陽熱を床下に貯める為に工夫しています。  土台は、前回記載した桧ですが  「計画伐採した富士山の桧」  を 909mmピッチの枡格子に組み、金属の束、1本で3t以上支えます。
今回の支える束は、40本以上を使用。  外部に面する基礎は、すべて外気温の影響を緩和する為にスタイロホームで断熱しました。   季節的に冬の日射量は少ないのですが、立て込んでいる街中でも1階は、日が入りにくくても屋根に受ける日射を取り入れるととても快適な空間ができます。 床下地材は、28mm
合板です。 
c0074407_11112647.jpg
c0074407_11122438.jpg








 
[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-13 11:16 | 現場 | Comments(0)

土台の設置

 先日、新築現場で土台の設置をしました。  材は、国産桧の乾燥材でプレカットで加工した木材はかなり精度も高く誤差は1/10mmの誤差です。   見えなくなる土台で心配なのは、シロアリだと思います。  弊社では、いつも使用している防蟻処理材として京都大の先生が研究された防蟻材を今回も使用しました。
人畜無害ですが、シロアリには有効に働く薬剤です。  無色透明ですが皮膚に着いたら洗浄します。 特に土台の裏返しして下面も丁寧に塗布しておきます。
c0074407_2126573.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-08 21:26 | 現場 | Comments(0)

西多摩新聞

 先日、弊社のブースを西多摩新聞が取材して頂きました。  その記事を記載させて頂きます。 
c0074407_8204632.jpg

[PR]
by ecobuild_info | 2015-12-05 08:21 | 情報 | Comments(0)